NPO法人 Japan Treehouse Network
THBS

THBS / 2014/04/17 /

第5期ツリーハウスビルダー養成講座 第4回レポート

imgp0027


先月は、大雪の為養成講座が中止となり、今回に順延となりました。
(5期生は今まで天候に恵まれておりましたが、大雪にあたるとは・・・ONとOFFが極端すぎる!)

今回は3月21日、22日、23日の2泊3日 長丁場です、体調に気を付けて頑張りましょう。

・1日目
講義チームと実技チームに分かれスタートです。

講義は(財)アファンの森の野口さんによる「森と生態系」のお話でした、
森の生態系の基礎や、樹を切ることにおける生態系などへの影響などを勉強しました。
講義の中では、人間が原価7千円程度の物質で構成されていること(安!)
それを作り出し生命を吹き込んだ自然へ驚きと、感謝です。
また、東松島の復興の森のビデオを鑑賞しました。

その頃、実技チームは資材や工具を作業場所まで荷上げ!
砂利袋や工具箱など重量物があり重労働、お疲れ様でした!!
荷上げ後は材料への防腐剤塗装や、基礎工事の準備を進めていました。

後半は、講義チームと実技チームが入れ替わり作業開始
今回の作業は1階部分のデッキ作成、まずは基礎作りからです。

imgp9878

デッキのがおおよその位置と高さを決め、基礎の位置を設定し、穴を掘り、
打ち固めて砂利を敷き、また打ち固め基礎ブロックを設置して
水平や並びを調整して仮置き完了。

言葉にすると簡単なのだが、個々の作業の意味合いを理解しながら
作業していかないと次の作業への繋がりがなくなる、
各人が自分なりに理解しながら進める必要があります。
基礎ブロックの上に設置する柱の作成には久々の電動ノコの登場です、
基礎の穴に合わせて墨付けしてカット、慣れない手つきで各自製作しました。

imgp9898

作業終了後は、現場の確保をして下山、夕食までに各自風呂や休憩を取り夕食へ!
美味しいご飯と伴に晩酌も始まり、終始エロトーク?!で盛り上がる集団や
真面目に?語らう集団など和気藹々と過ごしました。

・2日目
今日は全員での制作作業です。

昨日の作業の続きからで、基礎の柱作りと追加の基礎を増設しました。
各基礎毎に柱を立て、床までの高さ(長さ)を計り成形し基礎への設置ですが、
切断面(床板が乗る面が)が綺麗(水平に)に出来てないとやり直しの指令が下ります。
また、基礎へ柱を固定する際も、垂直を確認しながら
の作業で柱の成形と基礎の水平がキッチリ出来ていないと固定に苦労します。

基礎柱の固定が終わればいよいよ梁を載せる作業、基礎柱に水平を採りながら梁を載せて固定していきます、
その前にもう一本TABを追加することになり、前回取り付け作業が出来なかった人を中心に追加作業実施、
今回は地上での作業だったのでスムーズ?に進んだようです。

すべての基礎柱に梁が載り、基礎ブロックも土を被せ、打ち固め土台は完了です。
いよいよ床板梁の作業開始ですが、TABの固定ボルトが在庫なしだったため
固定していないので次回忘れず固定しましょう!

第一デッキは葉っぱの形にするとの事!? どんな葉っぱ?形は?向きは?
各自の思いやインストラクターの思惑などが絡み合いながら作成開始。
まずは葉脈を決めていく作業、ホストツリーに向かって斜めに走らせることになったので、
斜めの梁を追加していく事になりました。

角材を斜めに設置するための寸法どりに手間取っていると、
手順と実践をインストラクターから伝授して頂き、作業が進みだしました。

しかし、寸法が少しずれてガタだ出たり予定の位置に嵌らなかったりと、修正を余儀なくされました。
ようやく切り出しが出来、固定の際にねじ止めするのですが
梁の面と面一にならず何度もやり直す場面がありました、コツを掴み出すと順調に作業も進むようになり、
葉脈は設置することが出来ました。葉脈に合わせて左右に床板を張っていくために、床板を仮置きして全体を確認し、
長さを確認しながら斜めにカット、板の表と裏が逆だったりと色々手直しが有るものの何とか作業は進んでゆきます。
半分ぐらいの板のカットと位置決めが出来たところで本日の作業は終了。

何時ものように、お風呂と食事を終えたら、場所をしへえどんに移して本日のメインイベント?
受講生によるツリーハウスのプレゼンテーションの開催です。(このころから一部不調者が発生!?)

imgp9923

各自がこの日の為に作成してきた絵やイラスト、図面、模型によるプレゼンを実施、
どんな思いが込められているのか発表し質疑応答が繰り返されました。
この中から今回のツリーハウスが決定されるのか?!こうご期待!!

imgp9930

プレゼンの後にはコバさんのオーストラリア(カンガルーアイランド)のツリーハウス作成の
現地下見の写真をみんなで鑑賞、日本と樹木の作りがかなり違うところなどに驚きながら、
夜も更けてきたので終了となりました。

・3日目
今日も全員での作業ですが・・・その前に朝ヨガからスタートです、
7時にコミュニティーセンタへ集合し海岸の公園へ向かいました。

imgp9960

インストラクターとして山口さんを迎え、初心者コース?から始まりました。
裸足になり朝露が少し残る冷たい芝生の上で初めのうちは”冷たい”とか黄色い悲鳴?が上がっていましたが
意外に皆さん付いていけてる様子で、徐々に難易度が高くなり本来のポーズからはかけ離れたポーズになっています。
ねじったり、延したり、バランスとって寝転んで、小一時間ほどヨガを楽しみました。
最後は鷲のポーズで記念撮影を実施。

imgp9986

朝食を済ませて、作業開始です。
昨日からの続きでデッキの作成、板を仮置きして長さを確認しながらネジで固定、最終の形はコバさんのデザインにて
概略を決めカットを開始、徐々に形になりだしました。
合わせて第二デッキの位置と形を作るため前回取り付けたTABに角材を仮止めして、デザインを検討開始。
久々のツリークライミングに少しウキウキしながら作業開始、
空中?での作業には姿勢確保が重要で姿勢が保てないと上手くねじ止の作業が出来ない、
色々な姿勢を試しながら最適な姿勢を探し出すことは中々難しかった。(経験値を上げていかねば!)

実際のホストツリーの状況を確認しながら進めていくと様々な変更が発生します、
当初の予定と変わってくる事も多々有り、今回もホストツリーの状況から
最終デッキの位置の変更を検討する必要がありそうです。
それに伴い、第二デッキの形やアプローチ方法、最終デッキ位置やアプローチも含め要検討事項となり、
次回までの課題になりました。機材や各種道具類を荷下しして今回の講習は終了です。

三連休の為か、電車もフェリーも高速も混んでいましたね、何も連絡が無いので皆さん無事帰り着いたと思います、
お疲れ様でした。次回も元気に頑張りましょう。

PS:一部の不調者は、講習前に牡蠣を食べた人たちで、大当たりの様です。最終日には何とか回復していました。

 by ごん

5期生 五ノ井 忠伸